信楽焼、和風インテリアの信楽焼窯元。手作りの、和洋を調和させるインテリア焼き物の製造、販売。

     
     
     
     

     


     
     
     
      当社では、信楽焼の伝統を受け継ぎながら、現代のライフスタイルに似合う
    ‘住まいのやきもの’の制作、提案をしていきたいと考えております。
    過度に装飾せず、シンプルな形状をベースとして、日常の生活の中に、陶器が自然と溶け込むこと。そして、家族や友人と付き合うように長く生活の中に浸透していく、そんな‘住まいのやきもの’を創造していきたい、と考えております。
     
     

     

    主な活動
     
      草津市立水生植物公園みずの森
     
     
       
     
      2002 サントリー「樽ものがたり」商品化
     
     
      2003.10 第72回信楽新総合展 グランプリ受賞
     「Add Light」「Add Planter」シリーズ
     
     
         
     
      2005.2 ルベイン(東京・六本木)にて展示会
     
     
         

     
    ▲ このページのトップヘ戻る

     

     

     
     
      当社では、先人から受け継いだ大物陶器の技法、技術を守ると共に、近代の技術を活用して、やきものの制作に取り組んでいます。土のかたまりから、創られた形状に人の手が加わり(加飾)、乾燥途中で割れてしまわないように何度もひっくり返して、均一に乾かし(乾燥)、低温で一度焼き(素焼き)、うわぐすりを施し(施釉)、再び窯に入れて高温<1240度>で焼きあげます。(焼成)  

     

     

     

    1 大物ろくろ                               小物ろくろ
     
         
     
     
     
    2 機械ろくろ
     
         
     
     
     
    3 素地彫り
     
         
     
                
     
    4 乾燥
     
         
     
             
     
     
     
    5 素焼き
     
         
     
     
     
    ▲ このページのトップヘ戻る
     
    6 施釉
     
         
     
     
     
    7 窯詰め
     
         
     
     
     
    8 焼成
     
         
     
     
     
    9 窯出し
     
         
     
             
     
     

     
    ▲ このページのトップヘ戻る